「キッズ英語」について
アート生徒作品
   
 
 
 
 

「キッズ英語」について


【グリーンKids】感性育成プログラムの一つ「キッズ英語」は、ただ絵を見て英語が話せるという既存の英語学習ではなく、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標としてできた「児童英検」また中学1年生レベルの英語力習得を目指せる「英検5級」対策としての授業内容に新たに変更致しました。


なんとなく感覚で英語を話せるようになったとしても、スペルを見て発音ができるようになるためには、やはりローマ字練習なども含めての多角的な英語学習が必要となってきます。そのためには、中学生以降の英語学習も見据えた「書く」作業も積極的に行い、楽しいだけの英語学習とは一線を画すカリキュラムになっております。

★児童英検★

児童英検は、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標として1994年に開発した児童向けの「ゲーム感覚」のリスニングテストです。英語を聞いて、イラストや音声を選び、解答欄にをつける形式です。

2008年度の志願者は94,113名で、創設以来の累計志願者は110万名を超えました。


★英検5級★

5級は、英語の学習を始めて最初の目標となる級で、レベルはおよそ中学初級程度とされています。初歩的な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。基礎的でかつ重要な内容が出題されます。5級は、英語学習のステップの始まりであり、試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)のみとなります。

2007年度の受験者数は315,151名で、合格者数は264,509名となっています。近頃では小学生の間に英検5級を取得する子供たちも増えているそうです。