【グリーンKids】推薦の言葉
   
   
 
 
 
 

「グリーンKids」のポリシー   
「グリーンKids」の特色
「グリーンKids」教室の様子
「グリーンKids」のポリシー 

<家庭+新しい子育て環境の実現へ>
最近ニュースで、子供たちの「いじめの問題」や「痛ましい事件・事故」の話題を聞かない日はありません。ともすると学校が悪いから、教師がしっかりしてないから、はたまた家庭がだめだと、結局大人たちは他人のせいばかりにして、本題を見失ってしまっているのではないでしょうか?

子供たちを安心して育てる環境・社会を作ることは、今一番重要な問題なのです。「安心して子供を預けられて、しっかりした教育をしてくれる場があれば!」ということが大きな願いになってきていると思われます。[グリーンkids]は、そんなご両親の願いを実現し、これからの新しい子育てと教育の環境を作っていきます。

<真の学力習得に向けて>
「ゆとりの教育」や詰め込み式による受験教育の結果、自分で考えて問題を解いていくことや、自分の言葉で自分の考えていることをうまく表現することができない子供たちが増えています。これまで「家庭」や「地域社会」、そして「昔の学校」が積み重ねてきたような「心のぬくもり」が感じられる教育をする場が、昨今見当たらなくなってきてしまったのです。

【グリーンKids】では中学受験はもとより、これからの社会に出て行く子供たちの可能性を高めるための、ゆるぎない「真の学力」の習得の場を作っていきます。

<学習ONLYではなく、感性育成まで>
単なる学習だけではなく、活かせるアート・考える算数・表現する国語・キッズ英語など、多角的な視点でお子様の感性を伸ばしていきます。

塾と習い事に拘束されるだけの子供時代ではなく、何事も前向きに楽しく取り組める感性を磨いていくことこそ【グリーンKids】の目指すところであります。

「グリーンKids」の特色

【グリーンKids】 は以下のような大きな4大特色があります。2012年3月より内容リニューアル!

一人ひとりの個性に合わせた
「個別レッスン」

〜生徒個々の学力・目標に合わせた、「完全カスタムメイド」の「マンツーマン指導」〜

生徒一人ひとりの学習到達度や目標に合わせて適したプリントをコンピュータで選択し、基礎から応用までを学習できます。不得意な単元や理解不足のところは、学年を超えて戻って復習が出来ます。学習した内容は、生徒一人ひとりの名前で保存し、どの単元をやったのか一目瞭然で、学習の記録もしっかり作成できます。また生徒の目の前で採点をするので、その単元の「合格」をもらえれば更なるやる気へとつながり、「不合格」をもらえば、勉強し直して再度チャレンジする事でよりしっかり理解でき、自分自身の着実なステップアップを自分で感じながら学習を進めることができます。 ※eトレ詳細についてはこちらから


考える算数
壁は自分で乗り越える


〜「結果」だけではなく「考える過程」を大事にするというポリシーに基づいた「教え過ぎない算数」〜


小学校低学年の塾では、計算を繰り返し練習させ、パターン化する学習方法が一般的ですが、それでは子どもたちが「考える」ということをしなくなり、挙句の果てには「考える」ということ自体出来なくなってしまう危険性があります。子どもたちは、分からなくなったり、困ったりすると、すぐに「分からない!教えて!」と助けを求めがちですが、パターンや公式を暗記させたり、答えを教えてしまうようなことは決してせず、敢えて「自分で考える」という指導を大事にしています。つまづいた時にその壁をどう乗り越えるかということを学習させるのが「考える算数」なのです。


表現する国語
生きた日本語を学ぼう! 

〜「自分の言葉」で「自己表現できる」日本語教育〜

「自分の考えや気持ちを、自分の言葉で表現する」という当たり前のことが、昨今の中高生たちは苦手です。様々な言葉を吸収することを、無限の可能性として秘めた子ども時代にこそ、こうした力を身に付けるための生きた日本語を学ぶことが大切です。【グリーンKids】では日本語をきちんと話すこと&読むことができる力、漢字の読み書き、文章を読解する力、作文する力。まさに国語力を総合的に身に付けるために、様々な角度からのカリキュラム作りをしております。1日の終わりに、その日あった出来事を振り返り作文を書く「デイリー作文」は、自分の言葉で表現するということをコツコツ積み上げるために有効的な日々の取り組みの一環です。


活かせるアート
による感性の発達! 

〜「学んだこと」を「活かしてみる」実践の場・アートプログラム(絵画・イラスト・立体)〜


【グリーンKids】では、子どもたち自身が持っている感性を引き出し、それを発展させて自由な発想を生み出し、作品を創っていくことに重点を置いています。それと同時に創作活動を実施するにあたり、国語的要素、算数的要素、さらには理科・社会科の要素を活かしたり試したり確認してみたりできる実践の場としても取り組んでいます。学んだことをペーパーテストで点数を取る手段で終わらせず、さまざまな法則や論法が「ものをつくる」にあたってどのように活かされるのかを作業を通じて体験し、「自分の血肉とするために学ぶ」ための基礎を作っていきます。

その他の特色。

家庭との「共育」実践の
きっずプロジェクト
「きっずプロジェクト」は、人として生きる上で大切な「道徳心・倫理感」を子どもたちの心に芽生えさせ、育成することを目的とする新たな取り組みです。お家の方と一緒に一つのテーマについて考え、行動してみることにより、学校や塾においての学習面での「教育」だけではなく、「家庭」における子供たちの精神的成長を促す「共育」を実践することが期待できます。          
「グリーンKids」教室の様子

【グリーンKids】は温かいぬくもり感があるような教室作りを心がけています。手作りの椅子カバーは子供たちにも大好評。リラックスできるような環境の中で、子供たちは伸び伸び学習しています。

【グリーンKids】の入口にあるシンボルのふくろう。 感性育成プログラム【活かせるアート】の様子。
【グリーンKids】の勉強エリアです。集中して勉強ができる白い机がポイントです。 おやつを食べたり、読書をしたり、休憩をするプレイルームです。